城陽商工会議所青年部

城陽YEGの活動内容

令和3年度事業計画

地域の健全な発展を図る商工会議所活動を積極的に推進するとともに
その一翼を担い、次代への先導者として責任を自覚し地域経済の発展を支え、
新しい文化的創造をもって、豊かで住みよい郷土づくりに貢献することを
目的とし、その達成の為、次に掲げる事業を実施する。

1.
研修活動に関する事業を実施する

2.
調査研究活動に関する事業を実施する

3.
広報及び意見活動に関する事業を実施する

4.
地域活動に関する事業を実施する

5.
社会一般の福祉に関する事業を実施する

6.
前各号に掲げるものの他、商工会議所の目的を達成する為に
必要な事業を実施する

各委員会

総務委員会

木村 泰久
委員長 木村 泰久
副委員長 森 雄司
理事 前田 紘司
担当副会長 村田 昌弥
委員会テーマ Growing Cycle ~YEGでの挑戦が成長の土台を創る~
委員会方針
YEGでのチャレンジが私達自身の成長に繋がります。その過程で得る気づきや人脈が土台となり、更なる高みへ向け新たなチャレンジが出来ます。この成長のサイクルこそYEG活動の最大の魅力と考え、成長の土台を創る委員会活動を行います。会員拡大事業では入会の動機となるYEGに所属するメリットや青年部活動の魅力を伝える活動と、城陽ならではの親しみやすさを感じてもらえるフォローアップで会員の定着に繋げます。新入会員中心で考え作る卒業式では、先輩方の功績やYEGから得られたヒントを振り返ることで、これから城陽YEGの中心となって活躍する新入会員の気づきとやりがいに繋がる事業にしたいと考えています。
委員会担当事業
  • ・会員拡大事業
  • ・卒業式
委員長から一言
メンバー全員が目的を共有して自発的に楽しんで活動できる委員会を共に創りあげたいと思っています。また、会務運営を通して自企業の成長につながる考え方や手法も開拓したいと考えています。自分の仕事のことも色々話し合えるのはYEGの魅力の一つです。新しい事にも積極的に挑戦しつつ、情熱を持って楽しくやっていきましょう!1年間よろしくお願いします。

交流委員会

田畑 成基
委員長 田畑 成基
副委員長 天野 伸也
理事 望月 健太
担当副会長 大志万 智子
委員会テーマ 「好循環」
委員会方針
交流委員会では、昨年度育んだ「和一緒」の想いをもとに、今年度こそは地域との繋がりをもてる事業を開催したいと考えています。交流委員会が担う、地域交流事業は、地域の方々と交流を図る事業ですが、まずは、委員会での交流を充実させ、城陽YEG全体の繋がりを深めていきたいと思います。そして、城陽YEG一丸となって地域を巻き込んで、交流の輪を広げていきたいと思います。まずは自分達から良い流れをつくり、好循環を実感できる一年間にしていきます。
委員会担当事業
  • ・地域交流事業
  • ・新年例会
委員長から一言
良い当日を迎えるためには、その準備段階から、多くの会員の方に関わってもらうことが重要だと考えます。異業種団体の我々が、常に皆の時間を合わせて行動することが難しい中、どのようにすれば事業に参加してもらえるかを意識して、メリハリをつけて委員会運営に取り組んでいきたいと思っております。一年間よろしくお願いします。

提言委員会

秋田 朋德
委員長 秋田 朋德
副委員長 澤井 佳彦
理事 平松 亮
担当副会長 青山 旦春
委員会テーマ
まちへの想いを一つに、みんなが繋がる提言を!
委員会方針
昨年度、3度目となる提言書「若者のUターン就職促進への取組み」を城陽市へ提出いたしました。今年度はその実行として、城陽市・教育機関との連携を深めながら官民学で話し合う場を設け、さらに地元企業の情報を若者に届けるアイデアを実行することで、若者の地元就職促進へと繋げ、若者の生み出す活気があふれるサスティナブル(持続可能)な地域経済にしていくことの一助とします。
委員会担当事業
  • ・提言実行事業
  • ・風会議
委員長から一言
「提言実行事業」ということばを難しく捉えず、みんなで一緒に和して、まちの課題や情報を共有しさまざまな青年経済人としての視点から未来のまちづくりの充実のためにアイデアを出し合える雰囲気づくりをしていきたいと思います。そのためにも、委員会メンバーの各事業内容や得意分野への相互理解を深め、コミュニケーションの工夫と努力を重ね、そこから生まれる結束により課題解決のためのさまざまなアイデアの創出につなげていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

研鑽委員会

阿部 智昭
委員長 阿部 智昭
副委員長 奥田 英貴
理事 山中 博樹
担当副会長 南 宏
委員会テーマ 寄り添う事業
委員会方針
城陽YEGにおいて、研修を通じ自己研鑽そして自企業の発展につながる、そんな研修の場を提供するのが研鑽委員会の役割だと思います。その役割を果たすためには城陽YEGメンバーがどのような研修を受けたいと考えているのかをしっかり把握する必要があります。そして城陽YEGメンバーの置かれた状況を模索し、その現状を打破していくための企画を立案し、城陽YEGメンバーに寄り添った事業にすることで積極的に参加したいと思える魅力ある事業にします。
委員会担当事業
  • ・研修事業(年2回)
委員長から一言
今年度コロナ禍の現状がどうなっていくか不安ではありますが、研鑽委員会として今の城陽YEGの現状にあった研修事業を模索し、前年度の経験を生かしたより良い事業にしていきます。
よろしくお願いいたします。
page top