城陽商工会議所青年部

城陽YEGの活動内容

平成30年度事業計画

地域の健全な発展を図る商工会議所活動を積極的に推進するとともに
その一翼を担い、次代への先導者として責任を自覚し地域経済の発展を支え、
新しい文化的創造をもって、豊かで住みよい郷土づくりに貢献することを
目的とし、その達成の為、次に掲げる事業を実施する。

1.
研修活動に関する事業を実施する

2.
調査研究活動に関する事業を実施する

3.
広報及び意見活動に関する事業を実施する

4.
地域活動に関する事業を実施する

5.
社会一般の福祉に関する事業を実施する

6.
前各号に掲げるものの他、商工会議所の目的を達成する為に
必要な事業を実施する

各委員会

会員拡大委員会

大志万智子
委員長 大志万智子
副委員長 田畑成基、阿部智昭
担当副会長 南宏
委員会テーマ 出会い・絆
委員会方針
会員拡大委員会は城陽YEGの発展の基盤となる人を増やす役割を担います。YEGは参加することで人との繋がりが増え、異業種の人達と知り合うきっかけができます。沢山のチャンスや学びもあります。共に活動することで絆も生まれます。出会いと絆を大切にし、活動の魅力を広く周知する事で会員拡大に繋げていきます。
委員会担当事業
  • ・会員拡大事業
  • ・新年例会
  • ・卒業式
委員長から一言
YEGの原点、魅力を人に伝える為にはまずは自分達がその魅力を知る事が大切だと考えています。会員拡大は私たち委員会が中心となりますが、他の委員会も一丸にならないと目標を達成できません。他の委員会の方とも交流を深め助け合って事業を進めていきたいです。一年を通し次年度にも繋がる活動にしていきます。
一人はみんなのためにみんなは一人のために。
ご協力お願いします。

提言委員会

青山旦春
委員長 青山旦春
副委員長 秋田朋徳、木村泰久
担当副会長 藏貫吉辰
委員会テーマ 未来に繋がる提言を!!わがまち城陽のために!!
委員会方針
提言委員会では、商工会議所の主な活動の一つである政策提言をYEGらしい視点で考え、行政(城陽市)との意見交換ができる場を作り、課題や情報を集め、行政の活動への提言を行います。
提言事業をする事で、夢を形にし、行政(城陽市)との交流・情報共有を活発化させ、愛するまち城陽をより良い環境にし、地域・自企業の発展・家族の繁栄につなげていくことを目指します。
委員会担当事業
  • ・提言事業
  • ・研修事業
  • ・城陽商工会議所会員大会
委員長から一言
委員会メンバー全員が参画することを目指し、コミュニケーションを多くとることで、様々な角度からの意見を共有する事ができ、多種多様な発想が生まれると考えます。
更に、PASSION(情熱)を持って行動することで、事業はもちろん、委員会メンバーだけでなく青年部全体を巻き込み、組織を動かすパワーの源となると考えます。

地域活性委員会

尾方夏子
委員長 尾方夏子
副委員長 中西貴栄、天野伸也
担当副会長 福永じゅん
委員会テーマ 繋がりと広がり
委員会方針
地域を元気にし、わくわくする事業を作り出す。それは最終的には、自分たちの企業がさらに発展することへ繋がると思います。
今年度スローガン「ORIGIN of YEG~PASSION、気付きで築こう!愛するまちのために~」で掲げられているように、地域を元気にする方法を考えながら、得ることがたくさんあるYEG活動の源を今一度見直し、交流や輪を広げていける委員会を目指します。
委員会担当事業
  • ・地域活性化事業
  • ・産業まつり
委員長から一言
とても大きな事業となります。青年部以外の方との繋がりも多く出てきます。そしてそこには皆様の力がとても大事であり必要となります。
大切な役を担って頂きながら、地域の活性化を考え楽しく交流が広がっていけるように、一緒に取り組んでいきましょう。

会員大会実行委員会

田畑成基
実行委員長 田畑成基
担当副会長 河本大輔
大会テーマ 縁×JOY~愛するまち(京)の仲間を想って~
大会コンセプト
城陽は、奈良と京都の2つの古都の中間に位置する「五里五里のさと として、多くの古人が街道を行き交い、文化・交通の要衝として発展してきた歴史があります。一方で平成29年の城陽ICの開通に伴い、京都府内はもちろん、京阪神と中京圏の2大経済圏を結ぶ国土軸の一翼を担うこととなり、人・物の流れに、かつてない大きな変化が起ころうとしています。このような歴史と文化、そして未来への大きな可能性にあふれた街、城陽で会員大会を開催いたします。
今年度の大会テーマは「縁×JOY ~愛するまち(京)の仲間を想って~」 と掲げさせていただきました。
平成30年度京都府商工会議所青年部連合会のスローガン「YEG Ties~出逢いからの懐(こころ)の縁を活かして~」にうたわれているように、府青連の仲間同士の出逢いがより良いご縁になることを後押しできるよう、当日仲間たちをおもてなししたいと考えています。
また、これまで「府青連はひとつ」という合言葉のもと、8単会の連携の強化に努めてまいりました。ひとつになるということは、一方が仲間を想うということに対して、一方がその想いを受けとめるということの繰り返しだと思います。
そして、それが「熱い想い」それを受けとめる「大きな懐(こころ)」になっていくことが府青連の絆をさらに深めることになり、個人の成長・自企業の発展・地域社会への貢献に繋がっていくとの想いを込めてこの大会テーマにいたしました。
委員会担当事業
  • ・京都府商工会議所青年部連合会第22回会員大会城陽大会
page top